ボックスカルバート布設の特殊工法

 都市下水路を改築して地下化し、その地表を有効利用しようとすることはよく行われていますが、往々にして周囲に民家が立ち並び、建設機械の進入する余地のない場合があります。
 その場合に、採用されるひとつの工法をここに紹介します。(撮影したのは2〜3年以前なので、写真はそのときのものです)

掘削中

狭い水路を、ポンプで切り回しながら土留めを行い撤去し、掘削します。

 基礎

 




 

 

 

 

 

 

中央に突起を持ったベースコンクリートを打設し、両側にレールを敷きます。

台車セット

台車をセットしているところです。台車にはジャッキがついており、運搬して所定の位置に来たときジャッキを引けば、基礎中央の突起部分にカルバートが乗り、台車を引出すことが出来ます。
クレーンによる吊おろし

クレーンで台車にボックスカルバートを載せます。
エンジンつき台車

後方から見たところです。エンジンで台車が自走します。

セットの状況
                              
セットしています。

埋戻し

 完成して、埋戻しながら土留めを撤去しています。


 
身近な土木INDEXに戻る